ベースメイク

ナチュラルメイクブームの今、ベースメイク人気No.1はつけていないような「すっぴん仕上げ」の肌。
つけているのに素肌のように見える「すっぴん仕上げ」の肌をつくる方法をご紹介します。

・下地
メイクは、下地作りが命!!と言って良いほど下地は大切。
スキンケアの後にすぐファンデーションをつけている人が多くいますが、それは間違いです。
必ず化粧下地を塗りましょう。

<理由>
1、肌表面の毛穴やキメを目立たなくし、滑らかに整えてファンデーションの肌へのフィット力を高める
2、外的刺激(紫外線、外気、乾燥)から肌を守る
3、毛穴の余分な脂分を抑えて、化粧崩れを防ぐ
4、ファンデーションの添加物が毛穴にたまるのを防ぐ
5、メイクを落とす時に、落とし易くして肌を傷めない
これらの効果が、メイクの仕上がりやメイク状態を綺麗にキープしてくれる理由です。

<塗り方>
1、パール粒大をとり顔の5点に置く
左右の頬、眉の間の上、鼻の頭、あごにのせる面積の大きい頬と眉の上(額)は多めに、鼻とあごは少なめに置く。

2、指の腹で内から外へなじませる
中指と薬指で、下地をのばします。指先でトントンと軽くたたきながらのばし、次にスーッとなでる
ようになじませましょう。

・コントロールカラー
コントロールカラーで気になる部分をカバーします。
(下地を塗ってもカバーできない、顔の赤みやくま、くすみ等をカバーするために使います。)
コントロールカラーには目的に応じて色の種類がありますので確認しましょう。

パールピンク:くすみをカバーしながら、上品なつや肌に仕上げます。
また、色素沈着によって起こる茶色くま(茶くま)をカバーします。
オレンジ:血行不良によって起こる青紫のくま(青くま)をカバーします。
また、赤みがなく全体的に青白い肌を健康的に仕上げます。
ホワイト:くすみをカバーして明るく立体的に仕上げます。
パープル:黄味(黄ぐすみ)を自然にカバーして透明感のある肌に仕上げます。
グリーン:赤みを自然にカバーして明るい肌に仕上げます。

コントロールからは一色に決めるのではなく体調によって肌の色が変わることがありますので、
何色か持っていてその日の肌の状態に合わせて使用すると便利です。
すっぴん肌のポイントとしていくつかのアイテムを合わせて使用して気になる所を隠すことが重要です。
均一に塗るのはNG。

<塗り方>
使い方の注意点は、とにかくのせすぎないこと。
多くのせすぎるとコントロールカラーの色が目立ち逆効果になるので、少量ずつ丁寧にのばしましょう。
いったん手の甲などにとって、調整しながら肌にのせると失敗がありません。

頬の赤みが気になる方は、
1、コントロールカラーを取って赤みの気になる部分にのせる
2、伸ばすように塗るのではなくポンポンと指でたたきこむようにして塗る

ニキビ跡が気になる方は、
部分的に気になるところにコンシーラーのように少量つけ、指でぼかしましょう。

コントロールカラーは、慣れてしまえば「使わなくては損!」というほど便利&優れコスメです。
つけているのに素肌のように見える「すっぴん仕上げ」の肌をつくるのにとてもおすすめのアイ
テムですので是非使用してみてください。

上記は、メイクの土台となる部分の為とても大切です。
お肌がきれいに見えるのとそうでないのでは印象がガラリと変わります。
とても重要な部分ですので是非ポイントの確認をしてください。

・リキッドファンデーション
厚塗り厳禁!ファンデーションできめの整ったなめらかな肌に仕上げます。
例えば、おでこが綺麗な肌なら塗りすぎて隠す必要はありません。
厚塗りの原因の1つとしてお顔全体に均一にファンデーションを塗ることです。
隠したい部分には様々なアイテムを使用して隠せば良いです。

ファンデーションにはパウダー、リキッド、クリームなど色々なタイプがあります。
ビジネスメイクに最適なのはリキッドタイプ。
簡単に美しい肌を作れ、仕上がりがナチュラルで、メイク崩れがしにくいです。

注意したいのは、塗り方。
顔全体を均一に塗るのはNG。
しっかり塗るところと薄く塗るところのメリハリをつけたほうが素肌っぽく綺麗にみえます。

<塗り方>
1、ファンデの色はエラで決めます。
2、リキッドを適量とり、手の甲で色のつき具合を確認後、顔の中心から外に向かってスポン
ジで伸ばし、全体を薄く仕上げます。
3、小鼻、目の周りなど細かい部分はスポンジを小さく持ってつけます。
4、気になる部分には重ねづけする。
※手で伸ばすとスポンジよりしっかりつきますので、気になる部分には手で使用してみてください。

・コンシーラー
コンシーラーは気になる部分限定。広範囲に塗ると厚化粧っぽくなるから注意です。

<塗り方>
1、コンシーラーで気になる部分をカバー
ニキビ、ニキビ跡、目の下のクマなどに使用します。隠したい部分より少し大きめにコンシーラーを塗ります。
2、トントンたたきながらなじませる
コンシーラーは塗った部分の輪郭を肌にぼかすようになじませる指の腹でトントンたたくようにします。
隠したい部分をこすりすぎると、せっかく隠したいところが出てきてしまうので注意。
※コンシーラー
色々なタイプがありますが、使いやすいのは筆ペンタイプ。薄く伸びがいいので、テクニックいらずで
自然にカバーできます。

・フェイスパウダー
ベースメイクの仕上がりを左右するフェイスパウダー。
リキッドファンデーションの後につけるフェイスパウダーの目的は、化粧くずれを防ぎ、キメを細かく
整えお肌を美しく見せる役割をします。
フェイスパウダーは、ファンデーションと違って色をつける目的ではないので、厚化粧になりにくく、
化粧崩れしやすい部分には、パフにたっぷり含ませてつけられ便利です。
※深いシワの部分には、つける方が良いでしょう。乾燥している肌や、深ジワに塗りすぎてしまうと、
より一層目立たせてしまうことがあります。

<塗り方>
1、顔全体にパフを軽く押さえるようにつける。(擦るのはNG)
2、鼻の周りや目元はパフを2つ折りにして、丁寧につけます。
3、余分な粉は最後にブラシではらう
※ファンデーションの油分でベタつきが残っているとこの後のメイクのりが悪くなり、よれたりする為
サラサラになるまでしっかりつける。
※パウダーファンデーションは厚塗り感がでる為、粉浮きやヨレやすく化粧崩れしやすいのでお勧めしません。
(化粧直しで使用するのはOK)

ベースメイクは、ナチュラルで なめらかな肌を演出できるよう意識して行ってみてください。
そして、顔全体に均一に塗るのでなく気になる部分には各アイテムを使用して厚塗り感が出ない様に注意しましょう。

 

<研修のお問い合わせはこちらから>

contact