【第1回】接待は「事前準備」で8割が決まる!

印象管理コラム

 こんにちは。マナーコンサルタントの樋口智香子です。魅力が伝わり、あなたの良さが発揮される「愛されマナー術」をお伝えしています。このコラムでは、ビジネスに成功をもたらす「接待のマナー」についてお伝えいたしますね。そもそも、接待とは何のために行うのでしょう。趣旨はその席によって違いますが、主に以下のような目的で設けられます。

・ビジネス上のお付き合いで、相互の親睦を深める
・商談や契約をうまくいかせる。または、その御礼。
・人脈を広げる。
・ビジネス上の情報交換をする。

 招く側、招かれる側にそれぞれの心得が必要ですが、今回は、招く側の事前準備についてお伝えします。事前準備のカギとなるのが「情報収集」です。相手に関することはもちろん、お店の選定からオーダーまで、事前にしっかり調べておくことが肝心です。確認すべき事前情報を、以下にまとめましたのでご参照ください。

相手について

・会社情報(会社概要・競合他社・社風・ロケーション)
・好み(アルコールを飲めるか、アレルギー、喫煙、食の好み)

 その他、少人数の接待の場合、参加者についての情報をWEBで見ることができれば、必ず目を通しておきましょう。ブログやSNSなど、今や個人がメディアを持つ時代です。プロフィールやどんな思いを持つ方なのかを、きちんと把握しておくことで、会話が広がります。

お店選びについて

・相手が来やすいロケーション(わかりやすい場所にあり、駅から近いとGOOD)
・お店の格が、相手の格にあっているか(年齢・役職・接待のコンセプトを考慮)
・個室の有無
・お酒、料理の種類
・喫煙の可否

 お店選びの際は、WEBで調べるだけでなく、実際に下見に行くことをお勧めします。接客の質や雰囲気は、WEBの情報だけではわからないものです。日頃から、接待向きなお店に関するアンテナを立てておくとよいでしょう。





author
本記事の著者・樋口智香子のプロフィール&詳細はこちら



<研修のお問い合わせはこちらから>

contact