『営業必須!自信の持ち方』

印象管理コラム

 こんにちは、イメージコンサルタントの橋本夕子です。研修も終えて実際に営業回りをしてうまくいっている人、いまいち振るわない人様々かといらっしゃるかと思います。

 営業で非常に大切なのは『自信』です。この自信は自分自身には勿論、商品に対しても必要です。自身は熱意に変り、熱意は相手に伝染します。この自信が無くして営業は出来ないと言っても過言ではありません!私も自信が無くなり、結果が振るわない時がありました。ロールプレイングをしても「自信が無くてクローズするのを怖がっているのがわかる。」と、言われてしまいました。確かにその時は断られるのが怖くて「クローズが出来ない⇒結果が出ない⇒自信が消える」と悪循環でした。

 この自信は自分で立て直すしかありません。自分で立て直した結果が今後の自分の自信にもなるので、自分で立て直さなくては意味がないのです。自分で立て直すことに意義があることを忘れないで下さい。今回は私が実践した自身の立て直し方法をお伝えします。

1.成功体験を積み重ねる

 小さなことでも結構です。自分自身にその日のノルマを課して下さい。そして、それが達成できた時、自分を褒めてあげる。「自分はやれば出来る」この気持ちを積み重ねていくのです。

 当時の私は一般宅の飛び込み訪問をしていました。その日課した課題は「今日はお客様と楽しい会話をする!」と言うものです。結果、1件目のお宅では旬の筍をもらい、2件目のお宅では筍を茹でる為の糠をもらいました。その時、「お客様と楽しい会話が出来た!」と言う喜びが胸に広がったのを今でも覚えています。

2.成功イメージを持つ

 営業現場に行く道中などに契約が取れた時のボイスレコーダーを聴いて成功イメージを植え付けました。やはり自分が成功している姿を見るのは気持ちがいいものです。そして、ここでも「自分はやれば出来る」の気持ちを持ちます。

さて、筍と糠をもらった私の収穫はそれだけではありません。
その日は契約を3件持ち帰ることが出来ました。

3.振り返る

 成功には必ず根拠があります。根拠が無くても自信を持てとも言いますが、根拠があれば更に自信が持ちやすくなるものです。何故、自分自身へのノルマを達成することが出来たのか?契約が取れたのか?その根拠をちゃんと見直してノートに記入する。そのノートは貴方だけの自信持ち方マニュアルです。自身が消えそうになった時はこのノートを見れば自信が戻りやすくなります。

 ノートを見て自信が戻ればそれがまた成功体験となり、更に強い自信へと変わっていきます。このワークに真摯に取り組んだ貴方、それも貴方の一つの成功体験です。自分自身を褒めてあげて自信を持って下さいね!





author
本記事の著者・橋本夕子のプロフィール&詳細はこちら



<研修のお問い合わせはこちらから>

contact