サービススタッフの立ち居振る舞い

サービスのプロとして
お客様に満足してもらう為に
態度や立ち居振る舞いがきちんと出来ていることは
当然と言えます。

お客様に気持ちよくお買い物をしてもらえるよう
ホスピタリティマインドの表現の1つとして確実に
身に付けておきましょう。

態度・立ち居振る舞い

美しく洗練された印象をお客様に持ってもらうには
姿勢や動作はとても重要です。
丁寧な所作はお客様を敬い、大切にしているという思いの
表現です。

①立ち方の基本

・基本姿勢を保つ
・両手は身体の前で指先を揃えて、へその下あたりで軽く組む
(NG手は後ろで組まない)
・両足に重心を置く
(NG片足重心をしない)

②物の受け渡し方

・片手づかいにならないように、指を揃え必ず両手で扱う。
・相手に身体を向け、目を見て渡す。
・持っている物は腰の位置から下げない。
・相手が見やすいよう、受け取りやすいように渡す。
①笑顔でアイコンタクト
②物を見る
③相手に正面を向けて差し出す
④笑顔でアイコンタクト

③ご案内の仕方

【方向の指し示し方(試着室、鏡、レジ等)】
・指を揃え、手のひらを斜め下向きにして、指す方向を示す。
・肘の曲げ方により距離感を出す。
・目線は、お客様の目⇒ご案内の方向⇒お客様の目の順番
・右側を指す時は右手、左側は左手で指す
【商品やメニューの指し示し方】
・指先を揃えて手の平を見せて指し示す
(NG指先だけでは失礼になるので注意)

④目線

・明るいアイコンタクトを心がける。
・額から鎖骨まで(視線ゾーン)に視線を向ける。
・話の節目ごとに相手に視線を向ける。
・表情は優しい笑顔を心がける。

⑤物の拾い方

・拾う物の横に立つ。
・膝を曲げ、腰を落として拾う。

⑥歩き方

・背筋を伸ばして肩を揺らさず歩く
・顎を引いて、目線は前に向ける。
・膝を伸ばす。足を引きずったり大きな音を立てない
・颯爽と歩く事を意識する。
(颯爽と歩く姿は知性を感じさせる)

⑦着席時

・背もたれから拳1つ分ほど手前に座り、背筋を伸ばす。
・手は重ねて前にする。
・膝を揃える、足は組まない、前に出すか横にずらす。
(男性)足は肩幅程度に開く。
(女性)膝を揃える。手は重ねて前、膝は組まない。
以上のポイントをそれぞれ意識することで
美しい所作を可能とします。
慣れるまでは大変かもしれませんが
販売スタッフのプロとして必須のスキルといえるので
是非身に付けましょう。

<研修のお問い合わせはこちらから>

contact