料理の味はサービスで決まる

これまで、お店選びから、
もう一度行きたくなるお店、
二度と行きたくないお店について
それぞれを考察してきましたが、
今回は最終回ということで、
これらの根底にある
おもてなし精神について考えていきます。
飲食店にてお客様と直接のやり取りをするのは、
料理人ではなくホールスタッフの方々です。

これまでの記事にも書きましたが
スタッフの方の態度、対応によって、
お店への印象は決まります。
まさにお店の看板はホールスタッフの方々が
背負っているといっても過言ではありません。
では、
良いホールスタッフとはどういったものでしょうか。

私は細かい所への気づきが出来るかが
ポイントになっていると感じます。

一流のホールスタッフの方は
お客様の動作を常に気にかけて、
欲しているものを先読みし、
適切なタイミングで提供します。

これらの行動は優れた観察力がもたらす
細かい気づきによって可能とします。
ある日、
私は親戚の大学生の子と
普段中々行くことのない敷居の高い
レストランに行く機会がありました。

その子にとって初めての敷居の高い
レストランだったこともあり、
どことなく緊張している面持ちでした。

かくいう私も少し緊張していたのですが・・・。
しかし、
そこのホールスタッフの方は
そんな私たちの様子を察し、
あえてフランクな雰囲気で私たちの
応対にあたってくださり、
結果、とてもリラックスして
食事を楽しむことができました。

この時私は、
マニュアル通りの接客ではなく
お客さんの表情や雰囲気などを察し、
相手にとって最適な接客をするという
そのスタッフの方にとても感動しました。

マニュアルはあくまで型であってその先にある、
「全てのお客様に素敵な時間を過ごして頂きたい」
という、おもてなしの精神が、
いかに大切であるかという事にも
気づかされた瞬間でもありました。

また行きたいと思わせる良いお店には
必ず優秀なホールスタッフの方が
いらっしゃいます。

これは敷居の高いお店でも
大衆居酒屋のような気軽に入れる
お店でも同じです。

良いお店つくりには、
おもてなし精神を持った
ホールスタッフの方々が必須です。

つまり最終的に料理を美味しくするのも、
不味くさせるのもホールスタッフの方々の
サービスによって決まるのです。

ちなみに弊社コンテンツにも
レストランサービス研修というものがあります。
より良いお店にしたいと考えている方には
役立つ情報が含まれた内容になっています。

もしご興味あれば少し講座紹介の記事を覗いてみて下さい。

 

<研修のお問い合わせはこちらから>

contact