メイクアップに必要なコスメ

メイクをする前に必要なものを揃えなければいけません。
それぞれのメイクアイテムのご紹介をします。

・メイクアップベース
ファンデーションを塗る前に使用するメイクアイテムです。
下地には、毛穴や肌の色ムラを自然にカバーしきめの整った肌に見せる効果があります。
UVケア効果もある為塗っておけば夏の時期でも安心です。

・コントロールカラー
くすみ・赤み・黄味など、色むらの気になる部分を調整すると同時に、透明感を与える肌色修正
メイクアイテムです。目的にあった色を選びましょう。

<各コントロールカラーの詳細>
パールピンク:くすみをカバーしながら、上品なつや肌に仕上げます。また、色素沈着によって
起こる茶色くま(茶くま)をカバーします。
オレンジ:血行不良によって起こる青紫のくま(青くま)をカバーします。また、赤みがなく全
体的に青白い肌を健康的に仕上げます。
ホワイト:くすみをカバーして明るく立体的に仕上げます。
パープル:黄味(黄ぐすみ)を自然にカバーして透明感のある肌に仕上げます。
グリーン:赤みを自然にカバーして明るい肌に仕上げます。

・リキッドファンデーション
今流行の、陶器のような質感の肌を作るためには、欠かせないメイクアイテムです。
液状のファンデーションの事でパウダータイプよりも密着感が高く、簡単に美しい肌を作れ、仕
上がりがナチュラルで、メイク崩れがしにくいです。

・コンシーラー
コンシーラーは、しみ、そばかす、にきび跡、目の下のくまなど気になる部分をカバーする部分用
のファンデーションです。
色々なタイプがありますが、使いやすいのは筆ペンタイプ。
薄く伸びがいいので、テクニックいらずで自然にカバーできます。

・フェイスパウダー
ベースメイクの仕上がりを左右するフェイスパウダーはとても重要なメイクアイテム。
リキッドファンデーションの後につけるフェイスパウダーの目的は、化粧くずれを防ぎ、キメを細
かく整えお肌を美しく見せる役割をします。
フェイスパウダーは、ファンデーションと違って色をつける目的ではないので、厚化粧になりにくく、
化粧崩れしやすい部分には、パフにたっぷり含ませてつけれる為便利です。

・チーク
暖かみのある色で健康的な肌を演出するのにとても重要なメイクアイテム。
チークは色選びが重要です。しっかり自分に合うものを選びましょう。

・モデリングカラー
影を付けて、顔全体に立体感を出し小顔にみせるメイクアイテムです。
色も、影になるような、ブラウン系の色を使います。

・ハイライトカラー
部分的に白っぽい光を入れることで、顔全体の立体感を演出するメイクアイテムです。
また、肌にツヤ感を出し、明るく見せることができます。

・ビューラー
上向きにカールさせ、輝く瞳を印象づけるための重要なメイクアイテムです。
まつ毛の生え方は人によって異なります。
最初から上向きに生えている人もいますが、日本人の場合、下向き気味に生えている方が多いです。
そのままだと目元に影ができ、伏し目がちな印象になります。
ビジネスの場面では、明るく前向きな印象を与えたいもの。
まつ毛をカールさせれば、目に光が入り、イキイキとした目元を表現できます。

・マスカラ
マスカラは、まつ毛が濃くなり目のフレームが強調され、目元の印象をはっきりさせるアイテムです。
また、まつ毛のカールもキープできるので、目の輝きも増します。

・アイシャドウ
アイシャドウは、目の横幅を大きくし立体感を出すメイクアイテムです。
就活には、ブラウン系の色が良いでしょう。また、パールやラメが多く入っているものは派手な印象を
与えてしまう為ビジネスの場面では控えましょう。

・アイライナー
意志を感じさせる目元のメイクアイテムです。
せっかくアイラインを引いているのに、ラインだけが悪目立ちしてしまったり、かえって目が小さく見え
てしまっている人をたまに見かけます。
アイラインは描くことで目の奥行きを出しはっきりと際立たせまつ毛が密集して生えているように見せる
ことです。

・アイブロウペンシル
眉ひとつで顔の印象がガラリと変わります。アイブロウペンシルは、長さを足したい眉尻に使用するメイ
クアイテムです。繰り出しタイプは眉毛を描く時になめらかで描きやすく、削る手間もなく、キャップが
いらないのでキャップを無くす心配やキャップをはめる手間がないためおすすめです。

・アイブロパウダー
全体の形を描くためのメイクアイテムです。
ペンシルタイプよりナチュラルな仕上がりになりメイク初心者の方でも安心して使用できます。

・アイブロウマスカラ
髪色に合わせたり、黒すぎる眉の印象を和らげたりと、眉マスカラは、眉毛をよりナチュラルに見せる必
須メイクアイテムです。
基本どおりに眉毛を描いた後、仕上げに使います。

・リップ
リップ(口紅)は唇に色をつけるメイクアイテムです。
口紅は、肌に健康的な血色とつやをプラスにするものでつけた時に自然に肌が溶け込み、顔全体がイキイ
キするものです。
パールが入っていても控えめなものにし、グロスは盛り過ぎないようにつけましょう。

・グロス
グロスは、唇に艶や輝きを与えるメイクアイテムです。

・チークブラシ
チークを塗る時に使用するメイクアイテムです。
備え付けのブラシより大きめのものを使用するのがおすすめです。

・ハイライト・モデリングブラシ
ハイライト・モデリングを塗る際に使用するメイクアイテムです。
備え付けのブラシより大きめのものを使用するのがおすすめです。

・パフ
リキッドファンデーションを塗る時に使用するメイクアイテムです。

・スポンジ
パウダーファンデーションを塗る時に使用するメイクアイテムです。

・アイシャドウブラシ
アイシャドウを塗る時に使用するメイクアイテムです。
備え付けのブラシより大きめのものを使用するのがおすすめです。

メイクアップには、様々なアイテムが必要です。
それぞれ、揃えてメイクを行いましょう。

<研修のお問い合わせはこちらから>

contact