ビジネスメイクの重要性

私「人は見かけによる」だと思っています。

イケメン、可愛い・綺麗な子、などという意味合いではなく生活や状況がその人の見かけに表れている。
卑屈に生きてきた人と自信を持って生きてきた人では顔つきが違います。
だらしなく生活している人はそれが身だしなみに表れている。
つまり、内面が練り上げてきた外見で「顔つき」に表れると言いたいです。
イケメン、綺麗、かわいいとかって言うのは人それぞれの主観ですし、お伝えしたい点は、ボサボサの頭
でシワシワの洋服を着ている方と髪の毛を整えて清潔感ある洋服を着ている人どちらが印象良いですか?
(極端な例ですが)ということです。
学生の時に毎日綺麗に髪の毛を整えてきてメイクもしっかり行っている友人がいました。
その子に「毎日おしゃれだよね。でも、朝から大変じゃない?」って質問したら「身だしなみが整わな
いと外に出たくない」と話をしていました。
その分朝は、早く起きなくてはいけませんし毎日続けているってすごいなと感じていました。
でも、その子からすると外にでるということは他人から見られるということ、だらしない部分を外に出
してはいけない・身だしなみを整えるとやる気がでるという考えでした。身だしなみを整えるだけです
が、毎朝ちゃんと早く起き規則正しくしている友人でしたのでだらしない部分が無く小さなことでも気
の使える友人でした。
身だしなみは、周りの方への配慮の度合いが見えるとともに外見が、内面を映し出しているなと思いま
した。

また、職業によって雰囲気が似ているなとか感じたことってあるかと思うのですが、
思考→感情→表情シワ→真皮シワ
というように考えていることが感情になりそれが表情に表れ同じような思考でいると顔の筋肉が固定し
ていきます。
参考:http://matome.naver.jp/odai/2133027131896246501

普段あまり表情筋を使用していない方は使用している方に比べ表情が硬いと思います。
顔や姿かたちは、年を重ねるにつれて自分自身を雄弁に語るのだと感じます。
心と外見は繋がっている。外見と社会も繋がっている。これは誰もが感じていることかと思います。
だから外見が少しUPすると、ものすごくパワーがでる。社会と繋がりたくなる。
そのような気持ちにさせてくれるのがメイクです。
そしてビジネスの場面において第一印象が大切であると良く言いますが、見た目は自分の考えているこ
とが表れるからです。
「人間を見た目で判断するんじゃない」とか「一目ぼれ」という言葉があるということの裏を返せば人は
見た感じで判断していることなのです。
いくらみなさんがすばらしい知識や技能・意欲をもっていたとしても、相手はいきなりそれを認めてくれ
ません。

認めてもらうためには4つのポイントがあります。

1、 外見(第一印象)表情・身だしなみ(服装・髪型)等
2、 態度・行動(立ち居振る舞い)姿勢(立ち方・座り方・歩き方)目線、おじぎ等
3、 話し方 発音・音量・言葉遣い・口癖な等
4、 内容 話の内容・構成・強調点等

上記、各ポイントを順に進んで印象というのが決まります。「内容・中身が良ければ問題なし!」と思って
いても、ひとつひとつ通っていかなければなりません。
それぞれのポイントで一旦拒否されてしまうと、次に進むことができない為ひとつずつ着実に通過し認めて
もうことが大切です。

そして、おしゃれは自分視点であり、身だしなみは他者視点である。こんなことを良く研修でお伝えするの
ですが、学生の内は自分の好きなファッションやメイク等で問題ありませんが社会に出たら他者から好まれ
るものを意識しなければなりません。
他者から好まれるというのは、清潔感がある・機能性があるか・TPOを意識している・上品であるかなどです。
高価であるものや目立つものを着用したりすることではありません。
ビジネスの場面では、まず第一印象が大切です。初段階の第一印象が良くなければ次の段階には行けません。
これは恋愛でも同じですよね。
見た目がタイプなのかどうかで最初判断し見た目がタイプであったらつぎは相手を知ろうと色々情報収集をする。
そして、その情報に基づいてアプローチをしていく。

見た目で違うなどマイナス面のイメージをもたれてしまうとビジネスの場面でももったいないこと。

だからメイクやヘアなどの身だしなみが重要であり自分の印象管理を行い、好印象で仕事に挑む必要があるのです。

 

<研修のお問い合わせはこちらから>

contact