眉のゴールデンプロポーション

顔のフレームともいわれ、顔の印象をきめるまゆげ。
ご自身の顔のバランスに合った眉に整えましょう!

眉は、知性、品格を表すパーツ。
素のままだと子供っぽい顔になり、美しく整えると上品な大人顔になります。
ビジネスの場面で似合う顔になるために、自分の顔に合わせ、バランスのいい眉に整えましょう。

・眉の基本の形
眉の長さは以下画像の赤●の部分です。
眉頭から外側へ一本線を描いた位置と小鼻の横と目尻を結んだ線を交差させた部分ですこれが基本
の形です。

eyebrow1

眉山の基本位置は、眉頭から2/3の位置が基本の位置です。

eyebrow2

眉山は眉頭から2/3の位置(黒目の外側の上辺り)

・眉の整え方

<必要なアイテム>

アイブロウブラシ、カミソリ、毛抜き、眉はさみ

<整え方>

1、眉毛の流れをブラシで整えます。
アイブロウブラシで毛の流れにそって眉頭から少しづつとかします。
2、 無駄なウブ毛を剃る
ウブ毛を剃ります。乳液などを塗ってからカミソリで剃りましょう。
眉上のウブ毛を剃る:眉中の上あたりにあるウブ毛をカミソリで上から下に向かって剃る。
左右の眉のバランスが崩れないようにウブ毛だけを処理します。
眉間のウブ毛を剃る:眉間にあるウブ毛も眉上と同様にカミソリで処理。
ここにウブ毛があると垢抜けない印象になってしまうので要注意。
3、眉の形を整える
理想の眉の形からはみ出している毛をハサミでカットしていきます。
この時に、眉コームで眉毛を毛の流れにそって軽くおさえてからカットすると上手に切る事が
できます。
ナチュラルな眉に仕上げたい方はいっきにカットせず、1本づつ切って形を整えていきましょう。
顔を横から見た時に浮いている毛があったら、他の毛と馴染む様に1本づつカットします。
4、眉下の無駄毛を抜く
眉下の特に目立った毛は毛抜きで抜いていきます。
細い毛や、抜きづらい毛などを無理に抜いてしまうと肌を傷めてしまうので、無理に抜かずにカ
ミソリで処理をするのをオススメします。
5、眉毛の濃さを整える
眉の形を整える時点でだいたい眉の濃さも整うと思うのですが、人より眉が濃い人や、薄眉にした
い方は眉毛全体の長さをカットしていきます。
薄くしたい場所で毛の流れにそってコーム当てて、コームからはみ出した毛を縦にハサミを入れて、
1本づつカットしていきます。
いきなり切ってしまわずに、鏡で薄さを確認しながら少しづつカットしていきます。
6、全体を確認
両方の眉のお手入れが終わったら、眉の形や濃さを全体的に見て確認してください。

・眉イメージ
眉の描き方で様々な印象を演出することができます。
基本の形よりも短めに描くと若々しく、活発なイメージになります。
基本の形よりも少し長めに、眉山にあまり角をつけず、丸みをもたせるとエレガントで女らしいイ
メージになります。
基本の形よりも、全体的に直線をイメージして書き眉山も「角」を意識して山をはっきり描くと知
的でシャープなイメージになります。

基本の形から自分自身の顔に合わせたり、なりたいイメージの眉を描いていくとよりご自身に合った
メイクになります。

眉をきちんと整えないことには、上手に描き足しても美しく仕上がりません。
眉の整え方は難しいと思い込んで自己流の人も多いかと思いますが、正しいケア方法をマスターして
簡単に美しい眉のベースを手に入れましょう。

<研修のお問い合わせはこちらから>

contact